nanto-e.com archive

ウヰスキーを飲りながら

シモネタを卒業したと豪語するたこ楽いのちゃんが、シングルモルトを飲り(やり)ながら、釣り、music、世界平和、犬のウンコの捨て方までお話します。

カメに乗って行こうからやってきまひた

2006年04月22日
やぁ いのです。
かまどや福光店のてんちょです、よ。
たこやき太朗のオヤジです、よ。
我輩のHP「カメに乗って行こう」で続けていたエッセイを
こっちのbiogに引っ越してまいりました。
そっちも見たってくだはれ。

でもまぁ、そんなあっちもコッチも更新なんてしていられないからなぁ、たぶんどっちかにカビが生えるんだろうなぁ。
まっ そゆことで みなさんよろぴく。

えーーと、「おまえ、なにモンじゃ?」
はいはい。
ビールが嫌いなくせにスコッチウヰスキー大好き少年です。

歌も唄います。
5月の14日には観音町のたか炎さんでLIVEも演ります。
まぁほとんどJazzのスタンダードですが、歌詞はだいたい福光弁が基本です。

それからルアーフイッシングですよ、
所属のクラブ「FLFC」の事務方やってます。
釣りはうまいのか?ふんっ!
そうそう明日はクラブの例会なんだヨ、五箇山でね。
いつもはフライフイッシングもOKなクラブなんだけど、明日の例会はルアーオンリー例会なのだよ。

趣向をこらして毎月やってるんだよね。
釣れそうか ですって?
んーーと、
朝モヤのかかる五箇山はキモチがイイよ、
とだけ言っておこう。




明日お使いになりますレイチューンルアー様御一行

ルアーオンリー例会

2006年04月23日
ルアーオンリー例会だったです。
(簡潔やなぁ、アホ)
デジカメ電池切れでした。
(ほな更新すんなや)
ボクはボーズで國ちゃんが優勝しました
(そんなアタリマエの結果で済むと思とんのかボケ!踊り踊って崖から落ちるか川にはまってこんかい)

そっ そないぽんぽんいわんといてぇーな。

おっかしーなー、まだ虹鱒クン達、元気ないんですよ。
例年この時期なら、ルアーの着水地点から50メートルも離れたとろこから、
どかんかい!どかんかい!ワシの餌じゃー!
舐めたらはったおっそー!
いうて大声でなぜか関西弁で怒鳴る虹鱒が、
つまり「やる気のある虹鱒」がたくさんいるのですが、
今日は、頭の上をルアーが通って行っても、
「なんか泳いでまっせー」
「あんた食いなはれ」
「じゃまくさいです」
「ボクも口開けてたら自然に入ってくるモンだけでええですわ」
「ほなほっときまひょか」
「ほっとこほっとこ」
いうて虹鱒が2匹ひそひそ話してましたもんね。

ほななんで國ちゃんに釣れるのかというと、國ちゃんは虹鱒の開けた口の中に直接ルアーをぶち込んでいるのですよ、たぶん。
どうやってそんな虹鱒を探すかというと、
やっぱ虹鱒の親方みたいなやつの袖の下、いや、ヒレの下にナンボか包んで持って行っているんでしょな。
それよりですよ、
この時季は虹鱒よりもウグイ君がずっとずっと低活性寝ている状態なのにですよ、我クラブの東海パタリロ君は、ウグイを釣ってきましたですよ。
彼はおそらくウグイに親戚もってますね、
まちがいありゃーせん。


能登先端で くしゃみひとつ

2006年04月25日
日曜の夕方、
海釣りのおっ師匠さん(氷見)から電話が入った。
忙しいかい。
ボチボチでんなぁ。
すぐ済む用事ができたんだけど、ちょっと来ないかね。
なんすかぁ
ちょっと能登までメバルを釣りに行こうと思うのだが、スグ来ちゃいなよ。
あんたはジャニ−さんかい!
なんですか、スグ氷見まで行って、ちょっと能登先端まで行くのですけ
イヤならイヤでべつに まぁ来てから考えなさい。
会話になってませんケド・・・
今日の作戦名は「今年は氷見や新湊は最低の年だったが、さすがに能登に行けばナンボでも釣れるやろう作戦」だよ。
うぅぅぅ つっ つらいなぁぁぁ

というわけでちょっとそこまで行ってきた。
少しだけ強引なおさそいだったせいか、帰りの車中でボクが居眠りをしても師匠は怒らなかった。
なんていい人なんだ。(帰宅時間AM5時)

さて釣果です。
ボクメバル4匹、師匠10匹。サイズは20センチ。
漁師の息子である天才釣り師と有名ポイントをめぐりめぐってこの有様。
能登に行けばナンボでも・・・
人間の知恵はすばらしいが、願望はハナクソだった。

重要な おしらせ<

只今当blogへのコメントは たったの2行ぶんしかできません。
まったくなさけないハナシであります。治るまで一言強烈ツッコミのコメントでお願いいたします。治ったとたんに、ヨーズマーの社長さんから「えっ?どーしたの?ナンボでも書けるやないの、スチャラカチャーン」という書き込みをしていただきますから、みんなでシバキ倒しましょう。

LIVEします

2006年04月25日
音楽ネタです!パチパチパチ
わっはっはー 釣りネタばっかじゃないぞー

そゆわけでLIVEします
Band名はいのちゃんズ。
バンド名を考えるのがめんどうくさかったという説得力万点のバンド名であります。
詳しくはコチラをご覧くだせぇ

LIVE IN たか炎

共演者としてTROCK(トロッコ)さんも出ますので、ボク達の出番は8時40分くらいからかな?
今回はいつものようにBluesネタではありましぇん
どっちかっつーとJAZZであります。
おっと、ちごた。
JAZZネタでありました。

ベースのももちゃんとギターのひにちゃんに
JAZZっぽい曲を奏でていただき、
ボクが例によって例のごとく福光弁で、
または、福光の標準語で唄うのであります。

たか炎様で飲み放題の3000円とくればあーた
もうLIVEなんかなくったって十分お安いお値打ち価格。
どーぞ御近所お誘い合わせの上お越しくださいませ。

同時に次回の出演者も募集いたします
時季は8月の予定。
おいしくアルコールを摂取するためのLIVEがテーマでありますので高校生はだちゃかんよ。
ジャンルは問いません。
JAZZ、ブルース、漫才、手品、民謡などなんでもOKなのですが、極力アンプラグドでおこないますので、ドラムでドカスカドンと大音量が必要なバンドには不向きであります。
穏やかにアルコールを摂取しとうございます。

おしらせ当blogのコメント書き込みは、
涙、な〜みだの50字程度に制限されております。
早期に修繕予定でございますので、
それまでは一言ツッコミで御容赦くだされ。

TOTO

2006年04月26日
不滅のTOTO「期待して」
スポーツ報知に書いたぁる

巨額の赤字に苦悩しているサッカーくじのことかと思ったらなんと便器メーカーのこと・・・ぢゃなくて
あすから3年半ぶり日本ツアーをするというロックバンドのTOTO様のことだった。

TOTOといえばギタリストのスチーブルカサー先生のバンドである。
が、新聞の来日メンバーにその名はない。
なんてこったい。
アンパンマンショーにアンパンマンが出てこないようなものだ
が、が、一段下の記事に
「中心メンバーのスティーヴルカサーは強い時差ボケでインタビューをキャンセルした」と書いてあった。
よかったよかった。時差ボケでもデブデブになっても指さえ動けばだいじょうぶ。
サッカーくじと同じ運命にならないようにがむばってほしいものだ・・・
それに比べて便器メーカー(この言い方は不適切なのだろうか?だったらごめんなさい。)のTOTOはたいへん好調のようだ。
なにしろ便器の場合は、がんばったりふんばったりするのは客のほうだものね。

お知らせ
あいかわらずコメントは50字以内みたいです。ヨロシク。

黄門様との別れ

2006年04月27日
朝はやく、釣りクラブの大先輩の訃報が届いた。
日本のルア−フィッシングの夜明け前から先駆者として活躍された中谷篤さん(FLFC顧問)である。
クラブ内では顧問というより黄門様で通っていた。
痔で入院された時は
「いつも黄門がへただへただというから肛門までへたっちまった」と周囲を笑わせていらっしゃったものだ。

クラブ員が大物を釣り上げ魚拓にする場合に、もっとも肝心な魚の目入れと添え書きをしていただいていた。
次回の魚拓の目入れはいったいどうすればいいのだろう?

他にも、特にフライフイッシングの毛ばり作りは大変な名人で、我クラブ員のだれもが、自作でフライを捲けれるのはひとえに中谷さんのご指導のたまものである。
ボクも何度か中谷さんの家にお邪魔して、直接御指導いただいた。(そっ そのわりにヘタじゃん)

実は4日前に中谷さんから電話がかかってきている。

「たのみたいことがあるんだが・・・井口君の近所のお店で以前買い物をしたんだけど、もう1年になるのだが請求書がこないんだよ、このままじゃ死ねないから、悪いけど君からせかしてくれないかい?」
「アハハ、なんですか、ボクが頼まれたことをすれば、安心して死ねるというのですか?あはは、そんなやっかいな頼まれごと初めてです」
「こないだあげたフライで・・なんか釣ってきたのかい?」
「いえ、まだ、その・・・はいはいわかりました、わかりましたよ。いうてきますけど、中谷さんもがんばってくださいね」

中谷さんは笑って「はいはいがんばりますよ」と言われて電話を切った。

中谷さん、あのフライで魚を釣れるのは
いつになるかわかりませんよ、
だってボク ヘタクソだもの。

えっ?知ってる? しかも ものすごーく ・・・?





     合掌

賄い飯

2006年04月28日
賄い飯
飲食店の従業員が厨房で食材の余りなどを使って、さっさと作ってさっさと食うためのスペシャル御馳走である。
専門店の食材の残骸はカタチが悪いだけで、調理してしまえば味は同じ。
が欠点として、お寿司やさんは魚ばっかりで、ステーキ屋さんはお肉ばっかりになりがちだ。
そこでいろいろとアイデアを捻出し賄い飯に華を演出するのだ。

今日の賄い飯。
「ホイコーロー丼キムチのせ&おにぎりのせ」


丼におにぎりを乗せるという発想は22年飲食店をやってきて始めての挑戦である。
しかして、うおぉぉぉ スゴイ、なにより笑いが止まらない。

おそらくコンビニでホイコーロー丼とキムチと買おうとしてレジに並んでいるときに、ふと、ちょっと足らんなぁと思って慌てておにぎりを買うなどというシチューエーションはあるにはあるだろうが、こうしてひとつの丼に盛られることにより、初めて芸術としての趣が生まれるのだ。たぶん。きっと。あ〜こりゃこりゃ。

a Hotaruika =アホッ タルイか?

2006年04月29日
16時57分、携帯電話に南砺緊急メールが着信した。
午前9時半に山中にて山菜とりさんが熊と遭遇して負傷者が出たんだそうな。
「緊急メール」というにはちょっとこそばい7時間半だが、まぁ熊が市街地をうろついているわけではないのでまぁいいか。

ケガをされた山菜取りさんはかわいそうだが、熊の住みかに人間が入っての出来事だからなぁ・・・
そこいくと新聞にでていた「ホタルイカ不漁」のNEWSは人間がわざわざ海まで会いに行っているのにイナイってんだからこまったもんだ。

ホタルイカを食べに大量の海の幸(ボクの場合はもちろんメバル)が接岸するこの時季に、なんてこったい。
例年は3月に年間最低水温約10度になり、13度まで上昇した時にホタルイカ様がいらっしゃるわけだ。
それが今年は未だに9度なんだって。

噂によると氷見漁港の魚市場の賄い鍋に「トン汁」が出現したそうな。
うーーん、こりゃアカン。
漁師がトン汁食っているときにトーシローに魚が釣れるハズがない。
あっさり今年はあきらめまひょ。
悪い時があったら、いい時もある。
相手は自然だから、厳しいくもありがたいもののハズだ。

と、しおらしいことを言いながらも、内心では
「今岡にアタリがもどってきたら阪神とメバルはぶりかえす」
と思っているのだった。
あーこりゃこりゃ。


これは今年の3月初旬。この調子でいけば4月は尺!と期待していたが・・・



これは4月23日。なんでサイズダウンするんだヨー

とりぱん

2006年04月30日



最近読んだ本では「国家の品格」よりも、
ずっとずっとこの「とりぱん」がおもしろかった。
(マンガじゃねーか!)

国家の品格に関しては、ボクがイオンのタワーレコードでうろうろしている間に、かーちゃんったら向いの本屋で全部立ち読みしちゃったらしくて、ボクだけのために買うのはなんかもったいない気がして躊躇していたのだ。
が、最近では右も左も斜めはすかいもみーんな読んでいるみたいで、万一、この本の内容でギャグをとばされて、つっこみができない自分を想像したらいたたまれなくなり、とうとう買ってしまったのだ。(こんな動機って変?)
それを見たかーちゃんが曰
「そんなもん産経新聞1年も読んでいたらあんたにだってコピペで書けるわよ」って、
うちは産経とってませんから!
それにコピペで書けるってことは、つまりなんですか、ボクには自分の文章を書けないってことですか?
いや、そんなことはどうでもいい、それはかーちゃんの感想である。

ボクにはキモチよかった(かーちゃんにバカにされた感想ではなく、国家の品格を読んで)。
最近は左は右を右は左の悪口をいう話ばっかりで辟易していたところだったのだ。
(おまえが朝日タタキをおもしろがっていたクセに!)
この本がもっともっと多くの人に読んでもらえたらなぁというのが素直な感想である。

で、最初にもどるが、
「とりぱん」は逆に誰にも見せたくない。
自分だけの楽しみにしたい。
内容は、とりのなん子さんという作者の庭にやってくる野鳥を観察してそのまんま描いているだけである。
鳥が人間のようにしゃべったり、人を殺したり、恋人が浮気したり、そんなシーンはまったくない。

もともと人は知らなかったことを知っただけで嬉しいものなのだ、その知識を後から紙に書かされて点数を付けられ他人と比較されたりさえしなければ、学習ほど楽しいものはないのじゃなかろうか?
また、生物を観察した結果を人に伝える手段としてマンガは文章よりも長けているのだ。

(バカヤローかっこつけてんじゃねぇぞー、どうせ普段からマンガしか読まんくせに!)

そっ そないポンポンいわんでも・・・
作者 :  いの

たこ楽福光店と砺波店の店長だヨ。

2015 年
5
6
8
9
10
11
12
2014 年
1
2
3
5
6
7
8
2013 年
2
5
8
10
12
2012 年
6
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
8
11
2007 年
9
10
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。