nanto-e.com archive

ウヰスキーを飲りながら

シモネタを卒業したと豪語するたこ楽いのちゃんが、シングルモルトを飲り(やり)ながら、釣り、music、世界平和、犬のウンコの捨て方までお話します。

エラ・フイッツジェラルド

2006年12月05日
眠気覚ましにいちばん効く音楽は誰?
と聞かれたら迷わず
エラ・フィッツジェラルド
(Ella Fitzgerald)です。

生きていたなら追っかけをしたいくらい好きなジャズボーカリストです。

ところが、驚いたことにエラのCDのどこを見ても
眠気覚ましの効能や使用上の注意書きがないのである
どうやら万民が服用して覚眠効果があるわけではないらしい

もっとも、ボクにしたって
「計数管理」やら「簿記入門」などという本を読んでいるときに
エラを聴くわけではない。

では いずれの御時に拝聴するのかと言えば
運転中である。
特に、夜釣りの帰り道、能登有料道路において
著しい効能が診られる。

窓を閉め切り、エラの速射砲のようなスキャットに対して
大声で反撃するのである。
曲目はライヴの
How high the moon と
Stompin’ at the Savoy がよろしい

エラが
「ウディウディウディウディシャバラバドゥビダバダー」
と撃ってきたら
「おらっちゃ おまっちゃ だっじゃかじゅー」

エラが
「ティリバラッタ ダヴダヴルビィラバ トゥルビラーラバ」
と撃ってきたら
「じゃまないちゃ どむないちゃ つかえんちゃゃゃー」
と応戦するのである

とどめにエラが
「ダバダッ ダバダッ ダバドゥビィィィィ」
とバズーカを撃ってきたら
「だらじゃ だらじゃ だらぶつぅぅぅぅぅ」

血管の23本いってしまうのはしかたがないくらいの
絶叫を張り上げなければならない

もしも長時間続けば車の速度もグングン上がり
危険なのであろが
大抵は1曲終わると
ゼェゼェ言って
「エラ姉ぇさん、すんましぇん、ちょっとまってくだはれ」
となって、
対戦成績も27戦27連敗なのであった。

マックザナイフも1コーラス毎に音が上がっていき、最後には歌手が悶絶を打つというおとろしい唄である。エラは涼しい顔で唄っているが騙されてはイケナイ。





オーディオ購入物語

2006年12月07日
更新をさぼっていた とある夜
店内BGM用のオーデオが壊れた。
3CDのトレイがどれも開かなくなったのだ

今までも、症状があったのだが今回は重症だ
オーディオ修理の基本
其の一、たたく
其の二、蹴る
其の三、落とす
いずれを試しても動かない。

中古で買ってまだ一年だというのに・・・
(中古なんだから まだは変だろ)
やはり駆動系の機械は中古はイカン!
前から狙っていたハードディスク内蔵タイプを買おう!

さっそく金沢のヤ○ダ電気に電話して
在庫を確認した。
もちろん「展示処分品」の在庫確認である

あのぅ あるにはあるんですがホンマの展示品です
「そんなもんにホンマとかウソとかあるんかい、いくらじゃい」
電話では値段はお伝えできないのです」
「いまスグ買いにいくから、ほこりはらっとけよ、で、いくらじゃい」
ですから電話では・・・
「3万6千円以下にできるか?」
させていただきます

ネットの価格ドットコムで調べた最安値が
3万6千円だったのだよ。
金沢の大桑店なら山越えで30分だ。
閉店ギリギリに到着した。

「どれじゃい、これかい、そーかい、お前、なんか元気なさそうやなぁ、そりゃそうや閉店時間やもんなぁ、悪い悪い、今日は忙しかったんやろう」
そうなんです、疲れました
「そうか、ごくろうはん、そんなら今日はたーっぷり儲けたんやし、店じまい直前の、在庫処分アキナイや、せいぜい値引いてや、で、これナンボや?」
いっ?ですからこれは処分価格ですから
「ナンボや」
わかりました、34336円で長期の5年保証を付けさせていただきます
「そんなもん保証いうても消耗部品は保証してくれんやろ」
いえ、消耗品も、ハードディスクも、しかも修理は何度でもOKです
「ほんまかいな、毎日BGMで12時間を5年間、ハードデスク必ず壊れるぞ」
必ず修理します
「嘘つけ、そんなことしてたらこの店が5年後あるわきゃないやろ」
それがだいじょうぶなんです。修理はメーカー負担の部分があるんです。私たちが業界トップで売り続けるかぎり、メーカーはなんでもしてくれます。お客さんも、そんな店で買わんと損ですよ

うううっ なんちゅー殺し文句や、家電業界残酷物語の縮図を見せられたような気分や。

「よっしゃ34336円やな 買うたる、わしゃ車で待っとるから包んでもってこんかい。」
ありがとうございまーーす

で、このハードディスク内蔵オーディオがいかなるものなのかについては 
           次回に続くのココロ。


電子レンヂじゃないってば

2006年12月09日
つづきです
ハードディスク内蔵のオーディオのことでございます。
電子レンヂのことではありません

お店のBGM用として使うには大変便利なシロモノなのです。
御自宅のオーディオリスニングルームとやらで
キューバ産の葉巻をくゆらせながら
お楽しみいただく道具ではありましぇんよ。

CDを100枚も持っているのに毎月6300円も払ってうーせん放送を利用するよりも極楽だと言っているのであります。

そもそも、ナンボCDを沢山持っていても、CDを交換するのが煩わしゅうございますよね。
ボクも3CDタイプをリプレイで1日中かけていたのですが、CD3枚といえど
1日聞くと耳にイイダコができまして、
3日でマダコ、
5日でスダールになるのであります。

毎朝、「今日はコレで行こう」なんてCDを選ぶのも、楽しいようで、仕事となるとめんどくさくなるのであります。

そこで、
「どこで?」 捜すな!
80ギガのハードディスクといいますと
128kbps(そこそこ良い音)で約1300曲も録音できます。
8倍速で録音できますので
56分のCDなら7分で完了。

しかも30万曲分のタイトルをデータベースとしてもっているので、たいていのCDは自動的にアーチスト名やタイトルがついちゃうのであります。

PCとも繋げられるようになっているので、インターネットに接続しておけば新曲も自動的に取得されます。
で、曲目のアルファベット順に再生させれば1300曲がストレスなしに、歌手さんが入れ替わり立ち代わり演奏いただけるというワケであります。

しかし、ちょっと難点もありました。
店頭で調べればよかったのですが
「包んで車までもってこんかい」
などとブタのケツを広げたボクがバカでした。
愛車にスピーカーを積むときに
「こんなもんイランじゃ、スピーカーなら売るほどもっとるし」
いいっ、すんましぇん、コレ、電源とアンプがスピーカーに付いてまして、このスピーカーでないと音が鳴らんでゴメス」と店員さんに言われてしまいました。
たぶんハードディスクに余計な熱をもたせたくないせいでしょうねぇ。
店舗に設置済みのスピーカーを利用するにはAUXから別アンプに引っ張る必要があります。

さて、我が家には約500枚のCDがありますが
100枚ほどはBGMに適しまへん。 
落語やら端唄やら三上寛はつらいでしょう、よしだたくろうやら、イカザスイクイやら、ぢゃぶうやらもあるぞ。
でもまぁ、そのうちこいつらも洒落で入れてみよう。ジェームスブラウンとキースジャレットの合間に桂枝雀の落語がかかるのだな。

うーん?いたって普通じゃん。

ありえなぁぁぁい

2006年12月13日
TVで明石家さんまを相手に中年のオッサンがわめいていた

「若い娘がなにかにつけて
『ありえなぁぁい』と言うのがアタマにくる!
空から雨が降ってきて『ありえなぁぁい』
携帯の電池が切れて『ありえなぁぁい』
すべて必然性のあるものばかりではないか!
ありえないというのは
空から象が降ってきたり、
携帯が勝手に歩いてどっかに行っちゃうようなことだ。
だから『ありえなぁぁい』ではなく
『ありえるぅぅぅぅ』と言え!!

ボクはおもわずTVに向かって
「そのとうりだ!」と叫んでしまった。

同時に妻が
「あぁぁぁ そうやった!」と叫んだ

い? え? う? お?

…そうやった???

ボクが妻の心情を理解できないなんてことはめったにない。
そうやった・・って 
いったいなにがどうだったんだ?
心配げに優しく妻に問うた

「いったい、どうしたん?」

「洗濯物たまっているのに洗剤がないのよ」

「??それで??」

「アリエールがないのよ!」

天ぷらで日本酒

2006年12月18日
商店会のイベントの後
「お疲れさん会でラーメンでも食らうか」
ということになり
若手の用意した車に乗り込むと
金沢イキマース という

へぇへぇ そりゃ御大層なこって と思っていたが
薄紫のイルミネーション輝く片町を通る時分には
自ら
「あのぅ ホンマにラーメン屋に直行ですけ、その前になんぞクイッってなもんをかるーくひっかけるお茶屋はございませんか」
となり
竪町の天ぷら屋
かっ宝亭 の暖簾をくぐっていた。

壁にズラリとならんだ日本酒は
店主が黙っていても
天ぷらには日本酒です と脅迫していやがる

「とりあえず純米で辛口のやつを」
というと 店主はちょっと 困ったフリをして
しかしうっすらと笑みをため
「お客さん、普段はどんなものを御召し上がりですか」
ときやがった

「加賀鳶の超辛口なんざぁうまいねぇ」
すると今度は はっきり笑みをうかべ
「お客さん、お酒ってのはもともと甘いもんでしてね
純米で辛口ってのは難しいんです、簡単に安く作るというと古酒を混ぜるっていう方法がありますね」

あーーダメだ 完全にうんちく負けしている
ウヰスキーならいざしらず日本酒となるとこっちは完全に付け焼刃だ
すぐに降参

「いやいや、じつは普段はスコッチのモルト派でね、辛口志向というのではなく、甘い日本酒が苦手なんだよ」
素直に白状すると そこはプロ
「純米で辛口、旨いの出しましょうか、ちよっとお高いですが」
「おいおい、わしらごらんの通りの町人風情、一口飲んで帰らす気かい」
「じゃ、手ごろなものから順にお出しします」

ぷりぷりの天ぷらが一品づつ出てきて
八海山、真澄、中屋と飲み進み最後に
「こりゃ 美味いですよ、八海山ですけどね」と言って、はくしょん大魔王が入っているようなボトルをだされちまった
「お飲みになりますか」
「飲まいでか!」

たしかに美味い、
この酒からスタートしていたら
酒屋の思う壺になってしまう。

満腹・満足・カラ財布で表に出ると
冷たい夜風が気持ちよい、
さぁ帰ろうと思ったら若い方ってステキ!

「さぁ ラーメンですぜ!ビールですぜ!
日本酒は飲めば飲むほどビールが飲みたくなりますねぇ!!」

しかたがない、ここで1人別行動したら
「あっ 1人でHな店に行ったんだ」
と言われかねない
とんこつかい、ビールかい、
キツイなぁ 
しかし、まさかお兄ちゃんがた、
この後にそっち系の店に突入なんてこたないだろうね…





ラベルに+10と書いてある、たぶん10円高いのだろう



ふらりと寄った酒屋の日本酒コーナーでこのボトルを見つけないように祈るばかりである。





かぶら寿司

2006年12月24日
近所の八百屋のおばちゃんから

自家製かぶら寿司を頂いた

うまい

まんでうまい

かぶらだから

フルーティーというのも変だが

みずみずしい新鮮さがたまらない

こういう郷土料理の達人のオバチャンは
もっと尊敬されてもよいと思う

さて かぶら寿司を美味しく調理するのに
「油が大切」なそうです
そして油を使うときに
呪文を唱えるのであります



「油かぶらだ」


携帯からのバージン投稿



ジェイムス・ブラウン

2006年12月26日
あれは20年以上前のこと
シカゴの安酒場でケンカにまき込まれ
留置場にブチ込まれた時だった
先客の男は オレが入ってきたというのに
目を閉じたまま
まったくイカシた縦ノリで
ん〜〜ゲロッパ・・・ハッ・・・ゲロッパ
とシャウトしていた

その時の記念写真である。



オレが対抗して都都逸をうなると
その男は また
ん〜〜ゲロッパ とシャウトしてみた

オレが先にブタバコを出るとき
男は早口でわけのわからないことを口走ったので
「日本の下呂温泉で逢おう」といって
ふたり合わせて「ゲロッパ」と言って別れた


合掌


クリスマスに召されるとは、なんて偉大な男だ
HNKのアナウンサーが履歴の紹介で
「ジェイムスブラウンさんはセックスマシーンなどのヒット曲で知られ・・・」
と言っていた。
当然だが、いたって普通に
「セックスマシーン」と言っていた。
たいした男だ。


James Brown
Revolution of the mind


本文は、ほんのちょっこりだけフィクションの部分があります 
作者 :  いの

たこ楽福光店と砺波店の店長だヨ。

2015 年
5
6
8
9
10
11
12
2014 年
1
2
3
5
6
7
8
2013 年
2
5
8
10
12
2012 年
6
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
8
11
2007 年
9
10
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。