nanto-e.com archive

ウヰスキーを飲りながら

シモネタを卒業したと豪語するたこ楽いのちゃんが、シングルモルトを飲り(やり)ながら、釣り、music、世界平和、犬のウンコの捨て方までお話します。

節分

2008年02月05日
節分には太巻き寿司を
(今年は南南東に向かって)
まるかぶりするんだそうだ。


まったく ダラブツな習慣である
節分をどうにかして商売に結びつけようと
かんぴょう屋さんでも考えたのであろうか?

だらぶつポイントは
「まるかぶり」である

これは下品だ。
ちゃんと切って召し上がってください。
まるかぶりだなんて
美しき作法を重んじる我国に
あるまじき慣習ではないか!

と、ここまで書いて ふと思った

あれ?
食べ物である「豆をまく」って
これ、NGぢゃないのか?

そいえばボクは御幼少の頃から
豆をぶつけて鬼が逃げるのなら
桃太郎なんていらんじゃないか、
それに、あのつくり笑いの「おた福」
とやらがどう見ても胡散臭いなぁ
と思っていた。

さて、我が家では
お下品なことはせずに
「いわし」のカラアゲをいただきました。

いっ?焼いて煙りださないと意味がない?
いいんだよ
料理するひとがねぇ
つまり
我が家の鬼さんに
出ていってもらっても困るのだお。

禁断のプレイ

2008年02月07日
この歳になって、以前から願望していた
禁断のプレイを経験してしまった。

そして、その快楽に
どうにも抜け出せない自分と、
理性との板ばさみに苦しんでいる。

どうせならこの禁断のプレイをみんなに広めて
「みんなでやればあたりまえ」
にしてしまおうと思い

ここに書いて・・・・

書いて・・・・・・・

うーーーん
書いてしまおぅぅ!


寒い日のお風呂 
こんなけっこうなものはない。

が、問題は脱衣所で裸になってから湯舟につかるまでの間
超超超寒いことである。

どーしてこんなに寒いのにハダカにならなければならないのか
という疑問が湧き
「お風呂に入って温まりなさい」
「寒いからヤダ」
というへんな会話が成立してしまう。

そこで
わたしは やってしまった

ユニクロ製フリースの長袖Tシャツ。
これがしこたま暖かい。

暖かい居間のストーブの前で
シャツを脱ぎ
ズボンとパンツを脱ぎ
長袖Tシャツを着たままフリチンのかっこうで脱衣所に向かった。
妻が「こんなところでぬぐなぁぁ」と叫ぶ


男は脱衣所を一瞬で通り過ぎ
風呂場に入り、そのまま

Tシャツを着たまま

ザブンと湯舟につかってしまった

あーーこりゃ 極楽じゃー

しかし、いつまでも着ていられないので、
湯につかったまま脱いでみた。

すると突然ひゃゃゃーーっと寒さが襲ってきた。

おお、なんてこったい。
風呂の中でも服を着ていたほうが暖かいのだ!

理屈はわからんが、とにかくホントなのだ。
もういっかいTシャツを着て
アホになるまで湯につかった。

さて、湯舟からあがっても、あんまり寒くない。
こりぁぁいい!
しかし、このままでは体を洗浄できない。

さすがに、ついでだからと洗濯洗剤をTシャツに付けて
ゴロゴロ転がってみようとは思いませんでした。

とりあえず、頭から洗って 
その後、仕方がないのでTシャツを脱いで体を洗った。

いゃーー よかった
ほんとうに よかった

さぁ あなたもやってみよう
家族の視線をものともせずに
欲望のおもむくまま
本能に突き進め

合言葉は

「だって 寒いんだもん」

いつのまにか

2008年02月26日
いつのまにか

30000

超えてるし・・・・・

また逢う日まで

2008年02月29日
原曲 尾崎紀世彦
また逢う日まで の 替え歌です


また はえる日まで

はえる 時まで

若ハゲの その訳は

話したくない

なぜかさみしいだけ

なぜかむなしいだけ

互いに傷つき

すべてが抜けるから


二人でリーブ21

二人でヘアケアサポート

その時 頭に何かが

はえるだろう



カラオケ注意事項
この歌は絶対に絶対に絶対に
髪の毛がふさふさしている方が歌ってはイケマセン。

幾分さみしーぞー という方が
できれば二人でデュエットしていただくと
超うけると思われます。

さぁぁ
2コーラス以降は
あなたが作詞して
コメントに投稿してくだされ!


尾崎紀世彦の「また逢う日まで」は
1971年5月17日から9週連続で
オリコン1位になっています。

ちなみにその前の週は
ヘドバとダビデの「ナオミの夢」が

その後の週は
五木ひろしの「よこはま・たそがれ」
が1位でありました。


PS,ちなみにボクは多毛タイプです。
この替え歌は、松村松声堂の、
のりちゃんからのリクエストにお応えして作ったものです


作者 :  いの

たこ楽福光店と砺波店の店長だヨ。

2015 年
5
6
8
9
10
11
12
2014 年
1
2
3
5
6
7
8
2013 年
2
5
8
10
12
2012 年
6
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
8
11
2007 年
9
10
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。