nanto-e.com archive

ウヰスキーを飲りながら

シモネタを卒業したと豪語するたこ楽いのちゃんが、シングルモルトを飲り(やり)ながら、釣り、music、世界平和、犬のウンコの捨て方までお話します。

我が子に万引きさせないために

2008年06月02日
窃盗罪に罰金刑の新設などが盛り込まれた改正刑法が平成18年5月28日に施行されてから、2年が経ちました。
窃盗罪は10年以下の懲役又は50万円以下の罰金となっております。

その事自体の経緯や善し悪しについては
ここには書かない。
ここは
くだらない事が好きな人の、
くだらない事が好きな人による、
くだらない事が好きな人のためのblogだからね。

さて、実際に出ている判決を調べると、
万引きで捕まった場合の罰金は
20万円と30万円のどちらかに落ち着くようだ。

万引き判決例

もちろん未成年者の場合でも罰金は払わなくてはならない。
本人が払えないなら親が払うのであろう。

さてここからが本題である。

小さいお子様をおもちの方は
「万引きしたら20万円の罰金」を
我が子に しっかりと教えなければならない。

が、子供はそんな大金もっていないから
「親が払うからボクには関係ない」
と思うかもしれない。

そこで

子供が小さい頃から「お年玉」などで貯めている貯金通帳の名義を
「○○君の万引き貯金」に変えるのである。

そして、子供に言うのだ。

「よいか、人間の心とはまことに弱いものだ。
おまえも人間である以上、弱い心が顔をだして、
つい万引きをするやもしれぬ。
捕まった時に
20万円の罰金を払わなければならないのだが、
罰金が払えない場合は、
刑務所に入って一日5000円の勘定で
労働しなければならない。
そんなことになっては大変だ。
よいか、20万円貯まるまで、
決して、
決して
万引きをしてはならぬぞ」

こう約束しておくと、
子供は自分で貯めたお金で
罰金を払わなければならないので、
もう、
もったいなくて、
もったいなくて
絶対に万引きをしないであろう。

いっ?なに?まず、おまえが貯金しろ?

冗談じゃない。
ボクの盗んだ経験は
女性のハートだけです。

そっちの罰金も すごく高くつくけど・・・

カメに乗って行っちまったよ

2008年06月06日
突然ではありますが、
ボクのホームページ

「カメに乗って行こう」は

閉鎖いたしました


おぉぉ全世界のだらぶつどもの嘆きが聞こえるよ。
民よ許せ。
なにせまる二年も
殆ど更新していなかったもんね。

もともとは何を隠そうこの
「ウヰスキーやり」は
「カメ乗り」の
一コンテンツだったんだよね。

それが出先出張機関の
ウヰスキーやりの更新さえ
やっとこどっこいの有り様。

先日本編をちらっと見れば、
至る所にカビやら
サルマタケ等が群生しており、
あっ こりゃだみだ と

というわけで
「カメ乗り」に
リンクしていただいている皆様、
御面倒ですが
リンクをペケポンにして下され。

まぁ ごく近未来、
金本監督の広島風お好み阪神タイガースが、
桑田投手コーチのいる
清原監督オリックスを破り、
日本一になるまでには
カメ乗りを復活したいと思っております。

それでは
あでぃおす あみーご 

あっ
このBlog
ウヰスキーを飲りながら は
継続いたしますよ。

まんびきの次はせんびき

2008年06月12日
前回は万引きの話しだったが、
今回はせんびきである。

あの人達を捕まえるのかどうか
線引きである。

南砺市は山の幸に恵まれ
市民の
とりわけご老人の楽しみの一つに
山菜採りがある。

当然であるが、
自分の土地以外で許可なく山菜を採ることは
窃盗である。
つまり山菜盗りだよね。
たぶん 万引き以上に罪の意識がないんじゃなかろうか?

しかし、おにぎり一個万引きが20万円の罰金で、
リュックいっぱいのゼンマイ窃盗が
罪に問われないのでは著しい偏向だ。

罰金の適応で起訴への流れが簡単になったので
当局もお気軽に逮捕出来るようになったとすれば、
近い将来、南砺の山道で
次のようなドラマがおきるのだろうか?

リュックいっぱいのゼンマイを背負った老夫婦が
獣道から舗装道路にヒョイと降りて
駐車してあった車に乗ろうとした時、
待ち構えていたパトカーがやってきた。

おーい じいちゃん ご苦労さん
熊にでも合わんかったかいや?


どーもない 熊よかオラの方がこの山詳しいわい。

今 何採れるがけ?

今日はゼンマイ採りに来たがや

ありゃー でかいと採れたねぇ 名人やねぇ
ちょっとこっちの車に乗ってくれっけ


と言われて
罰金20万円!

この線引きどーすんだ、引けるのか?

あー しかし こんな話しをしただけで 腹へった。
ゼンマイ わらび すすたけ あー 食いたいよー。
よーし

と言っても ボクには山菜採りの技術も体力もない。

もし、ボクが山道に車を止めて、
コソコソと山に入っていったとしたら

それは くさいぞ
かなり臭うぞ

自然薯が生えているハズもない場所に穴を掘って

白いケツを出して 
ウンウン唸っていることであろう。

元プロミュージシャン

2008年06月19日
スナックでカラオケをすると、
面識のない方から
「なにけこの人、なんちゅううまいがいけ」
と声がかかる事が・・たまにある。

洋楽をそれっぽく歌えば
それらしく聞こえて
それを うまいと錯覚するらしい。

その時にボクの友人知人が、
「そりゃうまいちゃ元プロやもん」
と言うことがある。

もちろん言った本人は
尾ひれを100メートルつけて
ボクを誉めているつもりだろうが、
この「元プロ」の一言に
昔はちょっとキズついたのだよ。
(今は屁ちゃら)

何故かと言うと、
元プロミュージシャン
=たいしたことない
=ろくでもない
からであります。

たとえば元プロ野球選手だとか
元プロサッカー選手だとか
元国体選手などの称号は
確かに素晴らしい物です。

スポーツは年齢による体力の衰えが必然で
いつかは現役引退という定めがあるからです。

ところが芸術芸能分野ではどうでしょうか。
ベストセラー作家が
十年間新作を書かなかったからといって、
元作家とは言わんでしょう。

堺マチャアキ様がこの度
15年振りに新曲を出したそうですが、
TV司会者が堺マチャアキに
元プロ歌手だったんですね
なんてマジで言ったら
業界から抹殺されるやろうね。

つまり芸術芸能分野では
一発でもアタリがあれば生涯プロなのです。

特にミュージシャンの場合は
(ジャズ・クラシックは除く)
ヒットしなくてもいいから、
一曲でもメジャーでレコードを
発売すればプロなのです。

それから20年経って
現在うどん屋であろうが
会社員であろうが
プロにとっては次の一曲を出すまでの
間にすぎないのであります。

それでは逆に
元プロミュージシャンというのは
どんな人かというと

たとえば
ヒット曲はおろか
メジャーレコードデビューしていない方で、
昔、カラオケが普及していなかった頃
ショーの伴奏とか、歌手の専属バックバンド
をしていた方々です。
(JAZZは除く)

本人の大志とは別に
「エーギョー」
と呼ばれる活動をしていた方々です

元プロミュージシャンと呼ばれる方々は
現在の職に就いた時
奥様から
「足を洗った」とか「更生した」
とか言われた方々です。

しかしながら、そのロクでもない経験や
修羅場をくぐった経験を生かし
現在は真っ当な社会で立派な活躍をされている・・・
方ばかり・・・・
です。

只々、みなさまに申し上げたいのは
スポーツ選手と同等の意味合いで
ミュージシャンに
「元プロ!」
といわれると

その小さいハートが
たとえばミスドのエンゼルクリームを
強くつかんだために
中のクリームがピヨッッと出たみたいな

そんなキモチになるのであります。

空気なんて読めてたまるか

2008年06月27日
最近TVなどで
よく「空気読めない」
というセリフを耳にする。
空気読めないとダメな子なんだ・・・

ボクは
場の空気を読んで一歩先行く行動をとることは
なかなかできないすばらしい才能だと思っていた。
現に
ボクの人生は
空気読めない東洋バンタム級チャンピョン
がごとく、
ことあるごとに
「はずしまくってきた」
だから
空気を読む技術に憧れさえ抱いていたのに
・・・
あっさりダメな子なんだって。
つっ つらい・・・

空気を読む場合は当然
「セリフなし」ですよねぇ
「雄弁は銀」をめざして「はずしまくる」ボクに
「沈黙の金」でなきゃダメな子と言われてもなぁ

てやんでぇ

たとえば
友人と二人でいるときに
友人の彼女がやってくる
友人は「おまえ空気呼んではやくどっか行けよ」
と思うかもしれないが
それは友人のわがままだ!
そのときのボクは100%
友人を蹴散らしてでもこの女と話しがしたいのだ。

モンクがあったら口で言え、と

機関銃口撃で女を口説くのであった。

いや、たとえばのハナシですぜ。

KY、KYと言っている
「空気読んで欲しい無言君」よ
きみたちは教室のイジメの現場で
沈黙の金を学んできたのかもしれないが
そんなことでは
これからの国際社会では生きていけないぞ。
ボクは国内社会で生きていけないぞ、
わーっはっは。
作者 :  いの

たこ楽福光店と砺波店の店長だヨ。

2015 年
5
6
8
9
10
11
12
2014 年
1
2
3
5
6
7
8
2013 年
2
5
8
10
12
2012 年
6
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
8
11
2007 年
9
10
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。