nanto-e.com archive

ウヰスキーを飲りながら

シモネタを卒業したと豪語するたこ楽いのちゃんが、シングルモルトを飲り(やり)ながら、釣り、music、世界平和、犬のウンコの捨て方までお話します。

ごあいさつ

2010年01月01日
みなさま

あけましておめでとうございます

いきなりですが
古い川柳をひとつ


楽しみは

春の桜に秋の月

夫婦仲良く三度食う飯



いや、ですからね
三度食うめし のほうぢゃなくて

夫婦仲良く
のトコロがかんじんなココロですよ

今年もオバカな夫婦会話シリーズで
ココを盛り上げていきたい と
まぁ そう
おもとるがやちゃ

どーぞ よろしくお願いいたし鱒



リトルフィート

2010年01月07日
中学時代、
ビートルズとサイモン&ガーファンクルがすべてだった。

高校に入りニールヤングに被弾してからというもの、
アメリカンロックにどっぷり嵌った
CSN&Yはもちろんディラン、バンド、
オールマン、ドゥビー、レイナード、クラプトン
あげればキリがない。

その中でも
とりわけ症状が重く、
未だに重度後遺症が続いているのが
リトルフィートである

ベースとドラムの変則的な絡み、
エキゾチックでひょうきんなピアノ、
そして
ローウェルジョージのスライドギター

(Waiting for columbus)

このライヴアルバムはボクにとって
ロック20世紀の最終到達点である。

とは云うものの
それは聴くときだけであって
自分のBANDではリトルフィートをパクルことはなかった。
パクろうにも技術的に無理だったこともあるが、
当時は
「音は野呂ちゃん、笑いはいのちゃん」と
はっきり役割分担が決まっていたせいもある。

かくして
BANDのスタート時期は同じであるが

リトルフィートをパクり、シモネタをからませた
サザンオールスターズは大スターとなり、
リトルフィートをパクらず、シモネタだけを絡ませたボクは
現在 たこやき屋のオヤジである

たったそれだけの差だ。

ただし
ローウェルジョージの死後
現在でもこのバンドは継続中でありますが
ボクが愛してやまないのは
ローウェルジョージの生きている間の
リトルフィート限定なのであります。

そのことが原因で
こともあろうかこのボクが
日本のある女性アーチストの
ミーハーとなってしまうのでありました。

次回へつづく

ぽてちん

ラーメン食べたい

2010年01月14日
22歳の時。
リトルフィートのローウェルジョージが
心臓麻痺で逝っちまった
三日三晩泣き続けたよ(ホントか?)

麻薬中毒で廃人だと噂されていたが、
復活して、ものすごーくカクイイ
「ソロアルバム」を出したばかりだったので、
まさに「なんでやねん!」であった。

ココロの傷も多少は癒えた数年後、
友人から矢野顕子のレコードで
ローウェルジョージの演奏が聴けるよ、
と聞いたときには驚いた!
てくずりかえった。

すぐさまレコードを探して聴けば、
おぉぉすばらしい!
まさにリトルフィートだ、
ローウェルジョージのギターだ、
ホンモノだ、
すごい!すごい!すごい!

当時の日本のシンガーソングライターは
レコーディングのアレンジで、
ザ・バンドをパクる(勉強する)ことでかっこうをつけていたものが多い時代だ。

それが、なんと、ホンモノのリトルフィート
そのものをバックにレコーディングするなんて、
矢野顕子 恐るべし

それ以来、ボクの日本人女性アーチストの
東横綱は
現在でも矢野顕子が君臨し続けている
西の横綱は
美空ひばりだったり松田聖子だったり
ドリカムの吉田だったりコロコロ変わる。

というわけで
ついでに聴き始めた矢野顕子に
じつは
いつの間にやら惚れてしまっている
おちゃめなボクであった。

もちろんローウェゥルのギターが炸裂するファーストアルバムはすばらしいのだが、
今日ココで真っ先に紹介したいのは
「オーエスオーエス」である



なぜならこの中に
「ラーメン食べたい」が入っているからだ
この曲は、20世紀に誕生した日本のポピュラーソングのなかで
最高の傑作であると断言する。
しかも2位以下をおーきく引き離してのダントツの1位である。

半拍ずらしで入るメロディが良い。
ついつい笑いをさそう男性コーラスも良い。
ラーメン食べたい位で大げさすぎるカッコイイシャウトも良い。
そして、歌詞、
「男もつらいけど女もつらいのよ」
で、いつも涙が一滴ちょちょぎれるのだ。

というわけで、さぁ、みんなで
ラーメンを食べに行こう!
ぢゃなくて 聴いてくだされ
クリックするとゆーちゅぶに飛びます

「ラーメン食べたい」

浅川マキ

2010年01月20日
浅川マキが逝っちまった

== 合掌 ==

店のBGMは一日中浅川マキですごした
もう、かーちゃんったら、
すぐ泣いちゃうんだから・・・

== 合掌 ==

ほんとに いろんなことを教わりました
ありがとうございました

== 合掌 ==

30年以上前のことだが
ここにも時々コメントをいただく「ぢ」さんと
「うどど」というBANDをやっていた

オーティスの「あなたなししで」
ロッドスチュワートの「ガソリンアレイ」
「It’s not the spotlight」
等をレパートリーにしていたのだが
歌詞は
浅川マキの日本語バージョンをコピーして
演っていた。
だから
思いいれ なんて生やさしいもんじゃ済まない。

今、こうして聴いていると
獅子吼高原の夕焼け祭りで唄うマキさんが目に浮かぶ

小声で かすれた震える声が 心に刻まれる

心の奥の そのまたずっと奥まで届く

だからスグに胸が熱くなるんだね

== 合掌 ==

マキさんの代表作といえば
「かもめ」とか「夜があけたら」が有名だが
ボクとかーちゃんが聴くたびに
ウルウルしちゃうのは

「あたしのブギウギ」

一人ぼっちが やりきれなくて
お酒飲んで ほれほれろ
ブギとブスとを 聴き間違えて
あんた あたしを笑ったね
つれないそぶりに あたしは惚れて
何度も何度も ふり向いた
あたしのブギウギ

寂しそうだね 旅に出ようと
声をかける男はみんな
風に吹かれて どこかに消えた
ほんとは あたし 抱かれたかった
つれないそぶりに あたしは惚れて
何度も何度も ふり向いた
あたしのブギウギ

どこかそろそろ 落ち着こうかと
小さな夢を小出しに出して
歩きつかれた夕焼けの下
今じゃみんなウソみたい
つれないそぶりに あたしは惚れて
何度も何度も ふり向いた
あたしのブギウギ

== 合掌 ==
作者 :  いの

たこ楽福光店と砺波店の店長だヨ。

2015 年
5
6
8
9
10
11
12
2014 年
1
2
3
5
6
7
8
2013 年
2
5
8
10
12
2012 年
6
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
8
11
2007 年
9
10
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。